ここでは日本国内でも比較的入手しやすい海外のミネラルウォーターをご紹介します。

エビアン

世界130か国に輸出され、いずれの国でも輸入ミネラルウォーター部門でトップシェアを誇るナチュラルミネラルウォーターの世界ブランドです。

採水地はフランスとスペインの国境付近、モンブラン地区のフレンチアルプス北麓です。

採水地周辺は厳格に管理され、太古の昔から変わらない環境が保たれています。

硬度は304、ph7.2

絶妙なミネラルバランスで飲み口はキリッとさわやか。

正真正銘、キングオブナチュラルミネラルウォーターともいえる逸品です。

ヴィッテル

フランス北東部、アルザス・ロレーヌ地方のヴォージュ山脈の麓にある小村、ヴィッテルは、ローマ王朝時代からヨーロッパ中に知られてきた保養地

1903年にフランス厚生省により認可されて以来、美容と健康に敏感な人々に愛飲されてきました

硬度は315、ph7.8

カルシウムの含有量が比較的高いため、ダイエット中の女性や骨密度の気になる中高年にもおすすめのナチュラルミネラルウォーターです。

コントレックス

1861年にフランス政府により「公的な水」として初めて認可した、フランスでのナチュラルミネラルウォーター第1号です。

採水地はヴォージュ山脈の麓のコントレックスヴィル。

厳格な水源管理がなされており、本来の自然環境が保たれています。
コントレックスの特徴は硬度1468の超硬水であること。

飲み口は重たく渋みが感じられるほどですが、5℃程度に冷やして飲むとクセもかなり和らいで飲みやすくなります。

ダイエット中のミネラル不足を補う水として、日本の女性にも人気です。

ペリエ

ペリエは、ピレネー山脈の造山活動により、ナチュラルミネラルウォーターに天然ガスが溶け込んだスパークリングミネラルウォーターの代名詞的存在。

西ヨーロッパではどこのレストランでも必ず置いているポピュラーなテーブルドリンクです。

自然に溶け込んだ炭酸ガスの刺激は、とても心地よくさわやか。

キリッと冷やしてそのまま飲むのはもちろんおいしいのですが、お酒を割ったり、カクテルの材料としても幅広くお楽しみいただけます。

硬度は415

もちろん無殺菌で採水地で直接ボトリングしています。