季節により水温が5℃から15℃が最もおいしく感じる

水には様々な成分が溶け込んでいますが、それぞれの成分の量やバランスによって、味が大きく変わってきます。

1985年の旧厚生省の諮問機関であった、「おいしい水研究会」はおいしい水の水質要件7項目を下記の表のようにまとめています。

おいしい水の水質要件

水質項目 おいしい水の要件 内容・特徴
蒸発残留物 30~200mg/l 沸騰させても蒸発しないミネラル分を指し、多すぎると苦味や渋みが増す
硬度 10~100mg/l マグネシウムとカルシウムの含有量。50程度が最も好まれる
遊離炭酸 3~30㎎/l 水にさわやかな味を与えるが、多すぎると刺激を感じる。
有機物等 3mg/l以下 有機物量を示し、多いと渋みをつけ、多量に含むと塩素の消費量に影響し、味が悪くなる
臭気強度 3以下 水源の状況によりさまざまな臭いがつくと、まずくなる。
残留塩素 0.4mg/l以下 カルキ臭の原因で、濃度が高いとまずくなる。
水温 20℃以下 おいしさを感じる最も重要な指標

出典:旧厚生省「おいしい水研究会」1985年発表資料

上記表の中でも、もっとも水のおいしさに関係が深いのが水温で、夏なら5℃~10℃、冬なら10℃~15℃の範囲です。

井戸水や湧き水を美味しいと感じるのも、大きな要因は水温です。

水道水も10℃前後に冷やすとカルキ臭を感じにくくなり、おいしいと感じるものです。

反対に、冷えていておいしいと感じた水でも、温めるとカルキ臭が強く感じられることがあります。

おいしい水にはミネラルと二酸化炭素が含まれている

極力H2Oに近い水を「純水」と呼びますが、これを飲んでも味が全くなく、おいしいとは感じられません。

おいしい水にはミネラル分と二酸化炭素(炭酸ガス)がバランスよく適度に含まれています。

上記表の水質要件7項目の「蒸発残留物」とは、おもにミネラルのことです。

ミネラルとはカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、鉄、マンガンなどの鉱物質を指します。

水に含まれるミネラル分が少なすぎると味が感じられず、多すぎると苦味や渋みを感じます。

また、二酸化炭素が十分に溶けていると、水にさわやかな味わいが感じられます。

具体的には1リットル中に3~30mg/l程度含まれていると、新鮮味を感じます。

カルキ臭を消そうとお湯を沸騰させ、冷ました水(湯冷まし)を飲んでみるとおいしいとは感じられないものです。

これは沸騰させたことで、塩素とともに二酸化炭素も蒸散してしまったためなのです。