名水やミネラルウォーターと水道水に対するイメージと実態

日本には全国各地に「名水」と呼ばれるものがありますが、それらは河川や湖沼、湧水、伏流水など様々です。

名水というと、清澄で飲んでおいしい水というイメージがありますが、環境省が選定した「日本の名水百選」の選定基準は、「清澄な水であって、古くから地域住民の生活に溶け込み、住民自身の手によって保全活動がなされてきたもの」とされています。

つまり、飲んでおいしい水かどうかというよりも、昔から地域住民に大切にされ、親しまれてきた水という事が重要なポイントになっています。

古くから地域住民が自主的に保全活動を行い、大切にされれば、必然的に水はきれいになり、そんな美しい水辺の景観は人々を癒してくれますから、より一層人々に親しまれて、もっともっと大切にしようという意識が強まっていくでしょう。

その結果として、きれいなだけでなく、飲んでもおいしいくらい水質がよくなるということも大いにあるでしょう。

名水とされるものは、古くから地域住民に大切に育まれた水といっていいでしょう。

地方都市ではミネラルウォーターを買う人が少ない理由

ところで、日本の水道水は世界最高水準の安全性を誇りますが、それは、「安全な水に作り上げている」からで、原料となる水はかなり汚染されていて、何度も殺菌、ろ過しなければ飲料水として利用できないものです。

都市部にお住まいの方で水道水をそのまま飲んでいるという方は、だいぶ少なくなりましが、地方都市ではまだまだ水道水をそのまま飲んでいるという方も多いのです。

それは、都市部と地方都市の水道水では、浄化処理に違いがあるからです。

一般に、多くの大都市圏の水道水は、河川や湖沼から原水を引いていますが、河川や湖沼は環境による影響を直接受けますから、塩素殺菌やオゾン殺菌など、入念かつ高度な浄化処理が必要です。

一方、地方都市の水道水には、原水に湧水や伏流水を利用しているところもあり、そうした水道水は浄化処理も最低限で済むため、より天然の水に近いといえます。

こうした事情もあって、ミネラルウォーターは都市部では販売好調ですが、地方都市ではそれほど売れていないのだそうです。

地方都市の方は、おいしい水が蛇口から出てくるのだから、わざわざミネラルウォーターを買うほどでもないと考える方が多いのでしょう。

都会人はミネラルウォーターに安心感とおいしさを感じている

都会人の多くは水道水をまずいと考えていますが、地方の名水をはじめとする天然水をボトルに詰めたミネラルウォーターには、安心感とおいしさを感じていると考えられます。

ミネラルウォーターの商品名やボトルのパッケージのイメージを考えてみてください。

「富士山麓の天然水」

「北海道羊蹄山の天然水」

「北アルプス安曇野のおいしい水」

これらはほんの一例ですが、こうした商品名に富士山や羊蹄山、北アルプスの美しい山なみのイメージ写真があしらわれています。

都会人がこうしたパッケージのミネラルウォーターを手に取れば、こんな美しいところで採水された天然水ならおいしいのだろうなと感じますよね。

みなさんもミネラルウォーターを選ぶ際には、パッケージのデザインや商品名から感じられるイメージに意外に左右されているのではないでしょうか。

ミネラルウォーターを便利に楽しむならウォーターサーバーが便利

私も水にはこだわっていて、健康のためにも1日に2リットルは飲んでいます。

都内の自宅の水道には浄水器がついていますが、やっぱりおいしさと健康のためにはミネラルウォーターがいいと思っています。

私はミネラルウォーターをスーパーで購入することが多かったのですが、毎日2リットル飲んでいると、空のペットボトルがかさばってキッチンのスペースを結構占拠するんです。

ペットボトルを捨てられるのは隔週1回ですから、結構たまっちゃうんですよね。

そこで検討したのがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーならボトル容量が12リットルと大きいので、ボトル交換の回数も少なくなり、空のボトルの置き場所にも困らないと思ったのです。

会社にウォーターサーバーがあるので、その便利さについてはわかっていましたが、自宅にウォーターサーバーを置こうと考えていろいろ調べると、たくさんありすぎてどれがいいのかわからないんですよ。

私が参考にしたウォーターサーバーの比較サイトは、比較のポイントが明確だったのでとても参考になりました。

初めてウォーターサーバーを選ぶという方におすすめのサイトです。

ページの先頭へ